DAISO(ダイソー)ブロック投影機

こちらは100均DAISO(ダイソー)で購入したブロック投影機です。
価格は100(税抜)円です。

サイズ
縦:約9.8cm
横:約9.5cm
幅:約2.1cm
材質
ABS樹脂

DAISO(ダイソー)にてブロック投影機を購入しましたので、ご紹介していきたいと思います。
カメラ型の投影機となっていて、動物の絵を映せる機械となっています。また、付属品としてミニブロックが付いてきますのでブロック投影機をデコレーションして使用する事も出来るようになっています。


本体のカラーは商品パッケージの表面で確認できるようになっています。複数色ありましたが、今回私が購入した色はレッドとなっています。
こちらの商品の対象年齢は6歳以上となっています。

スポンサーリンク
ブロック投影機の準備


商品を開封すると本体・ミニブロック・レンズが入っているので、まずはブロック投影機を使用するための準備をします。



最初は本体のカメラの中心の位置にあるレンズの部分に、付属してあるレンズを取り付けます。



続いて本体裏側にある白くて細い絶縁シートを引っ張りカメラのスイッチをONにします。



ここからの工程はブロック投影機を使用する際に影響はないですが、せっかくミニブロックを付けてくれているのでデコレーションをしていきましょう。
ブロック投影機の表面に1マスブロックを自分の好きなように取り付けていき、オリジナルのカメラにアレンジしてみましょう。ブロックを取り付ける場所に正解はないので、お好きなように組み立てて大丈夫です。

ブロック投影機の使い方


ブロック投影機のスイッチをONにすると本体が光りますので、電気を消して部屋全体を真っ暗にします。


壁などに向かってブロック投影機のレンズを照射すると、動物の写真が映し出されます。シャッターボタンを押すと動物の絵が切り替わり、全8種類の動物の写真を見ることが出来るようになっています。
ブロック投影機を壁から離すと映し出される写真は薄く大きくなり、ブロック投影機を壁に近づけると濃く小さくなります。また、本体裏面の覗き穴から覗いても動物の写真が見れるようになっています。


・トラ
・キリン
・ゾウ
・コアラ
・ウマ
・ライオン
・オウム
・サル
の計8種類の動物たちがいました。

電池交換方法

こちらの商品は電池を使用するので、使い続けるといずれ電池は切れてしまいます。
電池の交換方法は本体裏面のスイッチの場所にネジが付いていますので、精密ドライバー等でネジを外します。
ボタン電池LR44が3個入っていますので、新品の電池と入れ替えて元に戻せばまた使用できるようになります。

ブロック投影機の感想

今回購入したブロック投影機ですが、100円で買える物としては凄く楽しむことが出来ましたよ。
投影もできてブロックもできて、更にテスト用電池も3個付いてくる非常にお買い得な商品に感じました。商品のクオリティとしては200円くらいで売られていても不思議ではない感じですね。
欲を言えば動物だけではなく魚や虫・風景等のフィルムもあり切り替えられるような仕組みであったら、もっと楽しめたのかもと思いました。ですが、今のままでも100円なら十分な商品だと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました