DAISO(ダイソー)木製パズル-ステゴサウルス-

こちらは100均DAISO(ダイソー)で購入した木製パズル-ステゴサウルス-です。
価格は100(税抜)円です。

サイズ(完成時)
縦:約17cm
横:約4cm
高さ:約10cm
材質
ベニヤ

DAISO(ダイソー)にて木製パズル-ステゴサウルス-を購入しましたので、ご紹介していきたいと思います。木製のピースで恐竜を作成していく工作系のパズルになっていますよ。

こちらの商品の対象年齢は6歳以上となっています。

スポンサーリンク
木製パズル-ステゴサウルス-の準備


商品を開封すると取扱説明書・木製シート・紙やすり・乾燥剤が入っています。乾燥剤は商品を開封したら不要の物となりますので、捨ててしまって構いません。


まずは木製シートからパーツをばらしていきます。基本的には手で取れるようになっていますが、たまに取れにくいパーツもありますのでその時はカッター等で切り取ると上手にいきます。
※※※今回は撮影のためにパーツを一気にばらしましたが、パーツ番号がわからなくなるかもしれませんので作成工程ごとにパーツをばらしていく方がいいかもしれません。


パーツを取り外しましたら付属してある紙やすりでパーツの縁を磨いていきます。
紙やすりで磨くのが面倒という方は磨かなくても作成に支障はありませんが、磨いた方がツルツルになり見栄えも良くなりますよ。


パーツとパーツを接続する時に接着剤や木工用ボンドで固める作業がありますので、どちらかをあらかじめ用意しておく必要があります(商品には同梱されていません)。全ての工程で必ず必要というわけではなく、一部の部分で必要となってきますので。
パズル型の模型となっていてパーツとパーツを組み立てる作業だけですので、必ずしも接着剤がなければという訳ではありませんが強度を保つためという理由ですね。


木製パズル-ステゴサウルス-の組み立て方法が書かれている画像を載せておきます。(画像をクリックすると拡大します。)

木製パズル-ステゴサウルス-の組み立て方



まずは①②番をはめるパーツを使用し、ステゴサウルスの胴体部分としっぽの部分を作成します。(接着剤が必要な部分です)



続いて番で作成したパーツに③④⑤⑥番をはめるパーツを使用し、ステゴサウルスの後ろ足を付け加えます。



続いて番で作成したパーツに⑦⑧⑨番をはめるパーツを使用し、ステゴサウルスの前足を付け加えます。



続いて番で作成したパーツに⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱番をはめるパーツを使用し、ステゴサウルスの胴体部分を付け加えます。



続いて㉛㉜㉝番をはめるパーツを使用し、ステゴサウルスの頭の部分を作成します。



続いて④⑤番で作成したパーツと⑲⑳㉑㉒㉓㉔番をはめるパーツを組み合わせ、ステゴサウルスの頭と剛体を接続し胴体部分を付け加えていきます。(接着剤が必要な部分です)



最後に番で作成したパーツと㉟㉖㉗㉘㉙㉚番をはめるパーツを組み合わせ、ステゴサウルスの胴体部分としっぽの部分を付け加えたら完成となります。(接着剤が必要な部分です)

完成

木製パズル-ステゴサウルス-の感想

今回の木製パズル-ステゴサウルス-はピース数は普通くらいの量で作成工程も普通くらいの長さでした。ステゴサウルスのあばら骨と背ビレの部分のパーツが多くなっていますので、番号に注意すれば問題なく作成できると思います。完成までに掛かった時間は約40分程といったところです。
ステゴサウルスの骨格が表現されていて、木製でトゲトゲもありカッコイイ作品となっていますね。
次回も新しい木製パズルを組み立てて、ご紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました