DAISO(ダイソー)トウキョウのハト-エサバ・バトル-

こちらは100均DAISO(ダイソー)で購入したトウキョウのハト-エサバ・バトル-です。
価格は100(税抜)円です。

サイズ(1枚当たり)
縦:約5cm
横:約5cm
材質

DAISO(ダイソー)トウキョウのハト-エサバ・バトル-を購入しましたので、ご紹介していきたいと思います。
色々な種類のハトが描かれたカードを使い、相手のボスハトを取り囲んだら勝ちというゲームになります。それぞれのハトには決められた動きがありますので、イメージとしては将棋のゲームに近い感じになってますね。
こちらの商品の対象年齢は8歳以上でプレイ人数は2人になっています。

スポンサーリンク
トウキョウのハト-エサバ・バトル-の基本ルール


まず商品を開封すると緑組のハトカード×6枚・赤組のハトカード×6枚・取扱説明書×1枚が入っています。

まずは基本的なゲームのルールを覚えていきます。最初のうちは取扱説明書を見ながらプレイしていくのが良いと思います。

それぞれのハトの動き
・ボスハト

縦横斜めの8方向のいずれかの方向に1マス移動できます。

・アニキハト

縦横斜めの8方向のいずれかの方向に1マス移動できます。

・ヤイバト

縦横の4方向のいずれかの方向に1マス移動できます。

・豆でっぽうハト

斜め4方向のいずれかの方向に1マス移動できます。

・トツハト

縦横の4方向のいずれかの方向に好きな数だけマス移動ができます。

・ハジケハト

縦横4方向のいずれかの方向に2マス進み、その後に縦横いずれかに1マス曲がります。
※必ず3マスピッタリに移動する必要があります。
※他のハトが居ても飛び越えて3マス目が空いてれば移動できます。

ハトを出せる場所

カードを出せる場所は決まっていて
・場に出ている自分の他のハト1つと接する横縦角のいずれかに出すことができます。
・相手のボスバトの縦横に接する場所には出せません。
・場が4×4が最大となっていますので、それより広くなるようには出せません。
というルールになっています。

自分のターンにできること
・ハトを出す
・ハトを動かす
・ハトを戻す(このルールはゲームに慣れてきたら追加していけばいいでしょう)
※パスはできません

スポンサーリンク
トウキョウのハト-エサバ・バトル-のゲームの流れ



まずは緑組と赤組のハトカードをそれぞれのプレイヤーが持ち、場にボスハトを中央に配置します。
先攻後攻を決める際は最近ハンバーガーを食べた人orハンバーガーを食べたいという願望を持っている人が先攻になります。



自分と相手がお互い交互にハトを出したり動かしたりして、相手や自分のボスハトが取り囲んだ状態になりましたらゲーム終了となります。

以上がトウキョウのハト-エサバ・バトル-の遊び方となっています。
一応トウキョウのハト-エサバ・バトル-の説明書を載せておきますので、わからない場合には見てください。(クリックで拡大します。)

トウキョウのハト-エサバ・バトル-の感想


今回購入したトウキョウのハト-エサバ・バトル-ですが、それぞれのハトにそれぞれの動きがあり、ボスハトを取り囲む将棋に似たゲーム性になってました。
スムーズにゲームを進行するためにはハトの動きを覚える必要がありますね。ちょっと覚えることが多いゲームになっていますが、一度ルールを理解するとサクサクと進みますので徐々に覚えていくのがいいですよ。
絵もちょっと悪そうなハトが書かれており、ハト同士の戦いが繰り広げられる楽しいカードゲームになっていました。

タイトルとURLをコピーしました