DAISO(ダイソー)クローバーブーケ

こちらは100均DAISO(ダイソー)で購入したクローバーブーケです。
価格は100(税抜)円です。

サイズ(1枚当たり)
縦:約9cm
横:約6.9cm
材質

DAISO(ダイソー)クローバーブーケを購入しましたので、ご紹介していきたいと思いますよ。
基本的には2枚のカードの合計が相手よりも高かったら勝ちというシンプルなゲーム性になっています。引いたカードによっては2枚のカードの合計が相手よりも低かったら勝ちと逆転してしまう事もあります。
トランプゲームで例えるならカードを自分で選べるブラックジャックという感じでしょうか。
こちらの商品の対象年齢は8歳以上でプレイ人数は2人になっています。

スポンサーリンク
クローバーブーケの遊び方・ルール


まず商品を開封すると裏面が黄緑のカード×10枚・裏面が青緑のカード×10枚と説明カード×3枚が入っています。



まずはそれぞれ同じ色の黄緑×10枚・青緑×10枚を配り、相手から数字が見えないように持ちます。



続いてお互いに相手の手札から1枚カードを引き、数字を確認します。



続いて自分の手札の中から好きな数字のカードを1枚選び、相手から引いたカードと組み合わせて同時に公開します。



それぞれ公開したカードの合計が大きかった方が、その回の勝者となります。
数字が同じだった場合は引き分けとなります。ただし数字の「4」が入っていない場合のルールとなっていて「4」が入っている場合は少しルールが変わりますので、以下に記載します。

どちらかに「4」が入っている場合

どちらかに「4」のカードが入っていた場合は、2枚のカードの合計が少なかった方が勝者となります。

「4」が2枚入っている場合

両方ともに「4」のカードが入っていた場合と相手から引いた「4」のカードに自分の手札から「4」を追加した場合は、数字に関係なくその回の勝負は引き分けとします。



その回の勝者は公開されたカードを表向きで自分の前にカードを置きます。
引き分けの場合はお互いの公開したカードを表向きで自分の前に置きます。


お互いの手札がなくなるまで上記のプレイを5回繰り返し、プレイヤーの手札がなくなったらゲーム終了となります。
5回のうち勝利回数の多いプレイヤーが勝者となります。または先に3回勝利したプレイヤーが勝利となります。

以上がクローバーブーケの遊び方となっています。
一応クローバーブーケの説明書を載せておきますので、わからない場合には見てください。(クリックで拡大します。)

クローバーブーケの感想


今回購入したクローバーブーケでしたが、基本的には数字の合計が大きい人が勝つというゲーム性ですが、中には例外もあって「4」の数字で状況が変わってしまいますね。自分の残りのカードや相手から引いた数字・出してきた数字で相手手札を考え、カードを組み合わせていくことが重要です。
四つ葉のクローバーということで「4」の数字が運命を握るカードですね。
可愛らしいパッケージやオシャレなカードですので、見た目もゲーム内容でも楽しめる商品になってますよ。

タイトルとURLをコピーしました