Seria(セリア)神経衰弱ゲーム

こちらは100均Seria(セリア)で購入した神経衰弱ゲームです。
価格は各100(税抜)円です。

サイズ(ボード)
縦:約14cm
横:約14cm
高さ:約1.5cm
素材
ポリスチレン

今回はSeria(セリア)にて購入した神経衰弱ゲームをご紹介していきたいと思います。

くだもの・のりもの・どうぶつ・国旗の全4種類のパネルがあり、同じ絵のパネルを2枚めくると正解という神経衰弱ゲームになっています。また爆弾パネルというパネルも存在していて、爆弾パネルをめくってしまうと様々な効果が出るというオリジナル性もあるゲームになっていますよ。
こちらの商品の対象年齢は3歳以上となっております。

スポンサーリンク
神経衰弱ゲームの内容・準備

くだもの

・イチゴ
・バナナ
・洋ナシ
・もも
・パイナップル
・りんご
・みかん
・さくらんぼ
・すいか
・ぶどう
・メロン
・レモン
・爆弾

のりもの

・しんかんせん
・ひこうき
・でんしゃ
・バス
・ミキサーしゃ
・ショベルカー
・ふね
・きゅうきゅうしゃ
・パトカー
・ダンプカー
・はしごしゃ
・タクシー
・爆弾

どうぶつ

・きりん
・さる
・らいおん
・うし
・ねこ
・ぞう
・くま
・うさぎ
・きつね
・いぬ
・ぶた
・ねずみ
・爆弾

国旗

・日本
・中国
・イギリス
・アメリカ
・スウェーデン
・ドイツ
・インド
・韓国
・オーストラリア
・ブラジル
・フランス
・カナダ
・爆弾


枠につながっているパネルを切り離していきます。手でも簡単に切り離すことができますが、ハサミや爪切りなどを使うと綺麗に切り離すことができます。

スポンサーリンク
神経衰弱ゲームの遊び方

1種類でも神経衰弱ゲームを遊ぶことができますが、今回は全4種類を合わせたパターンの説明をしていきます。



まずはボードの凹凸部分を組み合わせ、ボードを連結させます。



続いて切り離したパネルを裏側に向けシャッフルします。



続いてバラバラにしたパネルをボードに裏向きにセットします。



順番にパネルを2枚ずつめくります。
絵が合った場合→絵が合ったパネルを自分の手元に置き、続けてもう1度パネルを2枚めくります。
絵が違った場合→元の場所に裏向きに戻し、次の人の番になります。



ボードが1種類の場合、爆弾パネルをめくった人は1回休みとなります。
ボードを複数組み合わせている場合、爆弾パネルをめくった人は手持ちのパネルを全て没収・爆弾パネルを2枚めくると点数が2倍になる等とオリジナルのルールを採用するのもいいでしょう。



最後にパネルを全てめくり終えたらそれぞれの手持ちをのパネルの枚数を数えます。枚数の多い人から順に勝ちとなります。

神経衰弱ゲームの感想


神経衰弱ゲームですが、1種類につき13種類(爆弾パネル1枚)のパネルがあり、全種類合わせると48種類+爆弾パネル×4枚になります。1種類だけでは簡単と思う方は、徐々に種類を買い足していき難易度を上げていく方法でもいいでしょうね。
神経衰弱はトランプゲームの定番である遊びの1つですが、こちらは専用のパネルで色々な可愛い絵が描かれていたり、爆弾パネルというオリジナルの要素があったりとトランプ版とはまた違った楽しみ方がありますよ。

タイトルとURLをコピーしました